藤沢再来

170822_04

藤沢駅前へやってきた。この2ヶ月で3回目。
藤沢名物を訊かれて即答できる人はあまりいないらしい。

タクシードライバーでさえそんな状態。
恐らく藤沢には確固たる名物がないと思われる。

JR、東急、江ノ電と3方向に電車が発車する。
江ノ電に興味津々。

平塚モーニング

170822_05

ホテルのモーニングはバイキング形式。
和洋折衷のメニューは十分満足できるレベル。

170822_03_2

パンは4種類。トースト、デニッシュ、なにがし…。
これがまたイケる。パンが美味しいバイキングにハズレなし。

部屋は快適、食事はおいしい、リーズナブルと三拍子揃った素敵なホテル。
平塚へ来たらまた宿泊したい。

170822_01

すっきり目覚めた3時すぎ。
軽く二度寝して5時起床。

さすがに5時をまわるとずいぶん明るい。
カーテンが2枚構成なのもいいね。

ジェットストリーム

午前0時をまわると流れてくる「JET STREAM」の文句。
伊武雅刀から大沢たかおへ変わったのが2009年。もう8年になるらしい。

その前は、森田真奈美さんだったなぁ。
今年で放送50周年を迎える長寿番組。

5代目大沢たかおの次は誰になるのか楽しみ。

高度10,000mの風にのせてお送りする…。

♪果て~し~ない~

松山千春の神対応「大空と大地の中で」を聴きたかった。

JET STREAM
http://www.tfm.co.jp/jetstream/

地獄の担々麺

170821_11

ふらっとホテルを出て平塚駅周辺を散策。
北口から徒歩5分、『地獄の担々麺店 天竜本店』へやってきた。

170821_12

地獄の入口へようこそ。
すでに閉まってたのが残念…。

最近疎遠になっている地獄をゆっくり堪能してみたい。
もちろん「ヘリテイジ」から味わい、さらにその上へ行きたい。

地獄の担々麺店 天竜本店
神奈川県平塚市紅谷町11-10 比嘉ビル1階
0463-22-3686
11:30-14:45、17:30-22:00(火曜休み)
http://www.dragon-tantanmen.com/

チェックイン

170821_09

「グランドホテル神奈中 平塚」へチェックイン。
本館と別館があって少し変わったホテルだけど、スタッフの対応はよく部屋も綺麗で居心地がいい。

170821_10

アメニティは充実していて、清潔感もあるバスルーム。
久留米の寂れたホテルとは大きな違い。

同じ価格帯でもこれだけ違うホテル。
できるなら綺麗なホテルに泊まりたい。

グランドホテル神奈中 平塚
神奈川県平塚市八重咲町6-18
0463-23-2555
http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hiratsuka/

岐阜羽島

170821_04

ひかり号は岐阜羽島駅に停車してのぞみを先に行かせる。
岐阜羽島駅は岐阜県唯一の新幹線駅。

「ひかり」と「こだま」が1時間に1本停車する駅。
1日の乗降客は3,000人弱と少ない。

170821_05

「超☆海洋深層水100%マハロ」の広告がまぶしい。
のぞみに乗車していては気づかない、効果が微妙な広告。

それでも飲みたくなってしまうのは、広告効果ありということかなぁ。

11号車

170821_03

珍しくひかり号に乗車。
11号車で初めて車いすを使用する乗客を見かけた。

車掌さんから駅員さんまで至れり尽くせりのご案内。
日本なら車いすに乗ってても1人で行動できそう。

世界はもっと手厚いのかなぁ。
井の中の蛙。

安全柵

170821_02

京都駅新幹線ホームに安全柵ができたのはいつのことかな。
かつて京都駅を通過するのぞみがあったのは遙か昔のこと。

通過駅でもないのに安全柵を設置するのはJR東海だから?
新大阪駅にもあるかな…。

小倉や博多駅には安全柵はまだない。
広島もなかったような気がする。

安全柵を設置する基準はどこにあるのかなぁ。

瀬田川からの眺め

170821_01

瀬田川に架かる新唐橋から琵琶湖を臨む。
最高気温36℃の猛暑日。

少し散歩のつもりでも汗が噴き出す。
風があるだけマシかなぁ。

暑さ寒さも彼岸まで。

夏の終わりに

170820_81

蒸し暑さがずいぶん和らいだ京都。
秋はもうすぐそこかなぁ。

サイホーグ

170819_01

ミシンでお気に入りトートバッグを補修。
一家に1台ミシンは必要。

ミシン1台あれば何でも作れる。
可能性は無限大。

波野村

170818_02

2日続けて「道の駅波野」へやってきた。
JAF会員本人のみ、\350-のソフトクリームが \100-引きの \250-。

キャベツ、蕎麦のソフトクリームが新しい。
さすが蕎麦の産地。

めだかの学校

170818_01

いつの間にか自然に増殖し続けてるめだかの学校。
コンプレッサーで空気を送らなくても大丈夫らしい。

水草があればいいのかな。

大観峯

170817_06

熊本~阿蘇のバイクと車の聖地、「大観峯」へやってきた。
バイクはもちろん、車も多い。

九州だけではなく、関西から関東ナンバーもいる。
いつも天気が悪いのはご愛嬌。

170817_07

遠く阿蘇山を臨む。
天気さえよければ最高の場所。

熊本地震の影響はみられない。

いまきん食堂

170817_05

熊本で有名なあか牛をさらに一躍人気にした『いまきん食堂』の「あか牛丼」を食べにやってきた。
おっと、行列が一切ないとテンション上がってたら定休日…。

「本日定休日」上等。
いつものネタ。

有名になって値上げされ、客足が遠のいたのも事実。
\1,080- が \1,680- って…。

いまきん食堂
熊本県阿蘇市内牧366-2
0967-32-0031
11:30-14:30(水曜休み)
http://aso.ne.jp/imakin/

道の駅波野

170817_03

続いて「道の駅波野」へやってきた。
かつてオウム真理教のサティアンがあった波野村にある。

「近づいたら連れ去られる」とよく言われた場所。

見つけた立派なスイカは 1玉 \3,000-。
横に並ぶマスクメロンは 1玉 \2,000-。

170817_04

話題の「蕎麦の実」は波野産 500gが \580-。
中国産でも 350g \500-を超えるというのに破格値。

少しテレビで紹介されただけでスーパーからなくなる日本。
日本人は騙されやすいと言われても仕方ない。

道の駅あさじ

170817_02

「道の駅あさじ」で野菜三昧。
熊本地震で売りに来ているスイカがあると聞いたけど見つからず。

違う道の駅かなぁ…。

新車の香り

170817_01

納車後わずか60kmの新車。
ボンネットは汚れひとつなく車内は新車の香り。

五山の送り火

170816_90


お盆に迎えた先祖の霊を送る「五山送り火」が8/16(水)、京都市内の各山で営まれた。山腹の文字や形が望める場所では故人を思い手を合わせる人の姿が見られた。
午後8時から、大文字(左京区)、妙・法(左京区)、船形(北区)、左大文字(北区)、鳥居形(右京区)の順に点火された。大文字が正面に見える出町橋西詰(上京区)では、日没前から家族連れや浴衣姿の男女が集まって点火を待った。
昨年は豪雨のためほとんど点火が確認できなかっただけに、如意ケ嶽に「大」の字が一画ずつ浮かび上がると、「きれい」などと声が上がり、デジカメやスマートフォンで撮影していた。京都府警によると、この日の人出は昨年より5万人多い8万人だった。

五山の送り火を迎えると夏も終わり。
全てを確認できるベストスポットは意外にも京都駅の屋上になる。

ただし、入場は抽選となるため誰でも見られるわけではない。
京都府南部の万灯呂山でライトアップされる大文字も穴場。

青春18きっぷの旅 2017夏 4日目、京都~糸崎~岩国~下関

170816_01

曇り空の京都、5時でもずいぶん暗い。
もう夏は終わりかなぁ。

170816_02

5番のりばのJR京都線ホームへやってきた。
5時20分発の快速姫路行きを狙う。

170816_03

4日連続のスタンプ。
京都、南千住、長野、京都。

どうせなら全て違うスタンプにしたかったなぁ。
風景印みたいなもの。

170816_04

あっという間に瀬戸内海が見える。
須磨から宮島口までひとっ飛び。

広島、呉、宮島は外国人だらけ。
もちろん、日本人も多い。

170816_05

始発と終着の要駅、糸崎。
乗り鉄にとっては重要な駅。

糸崎を知ってるだけで混雑を回避できる。
東海道線でいうと興津や島田というところかな。

着座

山陽本線の車両は黄色の113系または115系がベース。
車内から黄色い車両が映える。

糸崎から岩国までは、2014年から導入された新型の227系「RedWing」が走る。
113系、115系と比較するまでもなく快適な車両。少しエアコンが効きすぎかな。

170816_07

岩国から下関まで、再び113系に戻る。
コストダウンを狙って?わずか2両編成で満員御礼。

顧客満足度より健全な経営を目指してるのかな。
子供連れが多くて賑やかすぎる。

170816_08

16時49分、下関到着。
日豊本線は白地に青いラインが入った車両。

懐かしい。

«やっぱり京都