« アルパカ | トップページ | 言葉の壁 »

再来、『炭火とワイン』

170811_10

8/8(火)に続いて中2日で『炭火とワイン』へやってきた。
毎日来店したくなるお店。

170811_11

初めての2階席。
1階と違う雰囲気もいいね。

女性率100%。

170811_12

山盛りのサラダとロゼスパークリングで乾杯。
これ以外何もいらない。

170811_13

お代わり無制限のベイビーリーフサラダは野菜の味をしっかり感じられる。
ドレッシングも美味しいけど、できればこのままいただきたい。

170811_14

入店から閉店まで、お客さんは全く回転しない。
時間無制限の飲み放題とサラダ食べ放題があれば誰も帰らない。

170811_15

しっかりグラスを交換してくれるのは、赤、白、スパークリングと変えた時だけ。
後は継ぎ足しが基本。これには目をつぶろう。

170811_16

前菜5種盛り合わせ \1,080-

がっつり5-6人前はあるという「前菜5種盛り合わせ」は、実際1人前程度。

〝3種盛りでも食べられませんよ~。5種盛りは絶対無理〟

なんて宣うスタッフの嘘…。5種盛りでも足りませんが…。
他のお料理をオーダーして欲しいが故の戦略かな。

初めて、お店の品位を疑う出来事に出会った。
お客さんが途切れだした理由かな。

税抜き \1,080-の \80-の意味が不明。

170811_17

\1,600-のボトルワイン飲み放題でしこたま酔える。
原価の安いワインでもないみたいだけどやっていけるのかなぁ。

170811_18

珍しく白ワインもいただく。
すっきり飲みやすいのはイタリア産。

170811_19

河内鴨ネギトロ&生雲丹 包み寿司 \300-

残念ながら豊後牛が切れたそうで河内鴨のネギトロ寿司をいただく。
生雲丹の鮮度は最高。これだけでもコストかかってそうなのに、1貫 \300-というのに驚き。

170811_20

若い男性スタッフが持ってきたお代わりのサラダ。
なんですか、この手抜き具合は…。

1階の女性スタッフとはレベルが全然違う。
せっかくの人気店が廃れていきそうな気配。

それでもまた通うだろう。

炭火とワイン 京都駅前店
京都市下京区東洞院通七条上ル飴屋町241-1
075-352-1788
17:00-25:00(年中無休)
80席
http://www.daiti.co.jp/

« アルパカ | トップページ | 言葉の壁 »