« じゃがいも三昧 | トップページ | 第14回野田バル »

『夫婦フーフー日記』

170922_02

『夫婦フーフー日記』を観た。

川崎フーフさんの「がんフーフー日記」が原作。
これに脚色を加え、永作博美さんと佐々木蔵之介さんがダブル主役で映画化されたもの。


ストーリーは、2人が初めて出会ってから17年、ユーコ(永作博美)が福島の実家に帰ったきっかけにダンナことコウタ(佐々木蔵之介)が焦ってプロポーズ。その後、子供ができて喜んでいた矢先、ヨメが直腸癌に冒されているという危機に直面する。闘病生活、そして夫婦の日々をダンナは自分のブログにつづる中、待望の子供が生まれるが間もなくヨメはこの世を去る。そして、ダンナの執筆する「がんフーフー日記」に書籍化の話が出て、執筆するダンナの前に死んだはずのヨメが出現する…。

佐々木蔵之介さんと永作博美さんのやりとりがとても素敵なほのぼのとする作品。
97分と短いから気軽に観られる作品でもある。

こんな仲のいい夫婦がいたら理想的。
現実は小説より奇なり。

ハンバーガーをかぶりつきたくなってきた。

Ribbon、いやCoCo のメンバーで唯一生き残ってる永作さん。
芝居のセンスは一級品。

夫婦フーフー日記
監督 前田弘二
脚本 林民夫、前田弘二
原作 川崎フーフ
出演 佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗、梅沢昌代、大石吾朗、吉本選江、宇野祥平、小市慢太郎、杉本哲太、他
2015年日本、95分

« じゃがいも三昧 | トップページ | 第14回野田バル »