« 眺め | トップページ | 雨久留米 »

初日の夕食は唐揚げ

170926_18

地下1階にある食堂へやってきた。
本日の夕食は「唐揚げ」らしい。

夕食はいちおう日替わり。
18時30分から。

170926_19

18時30分ジャストに入る。
一番乗りかと思いきや2番乗り。

いったい何時から食べてるの?

170926_20

メインの唐揚げはボリューミー。
そして、サイドの1品はひじきの煮物。

味付けは町の食堂レベルであるだけマシというもの。
ただ、食堂スタッフはかなり愛想が悪いので覚悟しておく必要がある。

その他,単品メニューが \100-と \200-の2種類ある。
瓶ビール中瓶は、キリンとアサヒがあってそれぞれ \350-/本。

金・土・日曜は \300-/本になる。

ごはんと味噌汁はおかわり自由。
丼大盛りのごはんを3杯。

たくさん食べるとおばさんに睨まれる覚悟もいる。
ごはんもお椀。ここは老人ホームか…。

170926_21

サイドメニューは味がほとんどないけど、メインは味が濃いめ。
そのバランスがちょうどいいのかな。

食後はコーヒーで締め。

この後、わいわいがやがやとたくさんの学生かフレッシュマンが入ってきた…。
スーツは着てるものの社会人には決してみえない。会話も幼稚。

ああ、うるさい。
たくさんの人が困惑して出て行った。

まずは空気を読むことから学ばないといけないらしい。

« 眺め | トップページ | 雨久留米 »