戯れ言

5ヶ月

171018_01

5ヶ月ぶりに美容室へやってきた。
髪の毛を切るのは1年に2回のペース。

半年放置プレイで短髪はロン毛へ様変わり。

AUBE hair float 京都5号店
京都市下京区七条通烏丸西入東境町172-2 ネオヒルズビル5階
075-353-7287
9:00-22:00(年中無休)
http://aube-hair-group.com/

夜明け前

171008_01

久しぶりに気持ちいい朝。
冷たい風が身にしみる。

名月

171004_03_2

中秋の名月は満月に非ず。
それでも綺麗なお月様。

神無月

10月、早いもので今年、2017年も残り3ヶ月。
やり残したことはないかなぁ。

最後の3ヶ月、悔いのないように生きたい。

店員のサービスが悪いお店

170925_02

「味は良くても店員のサービスが悪い店は二度と行かない」

サービス業はサービスが全て。
「お客様は神様です」とは言わないけど、サービスの悪いお店は二度と行かない。

行きたくない。

グルメタレントの辰巳琢郎も声を大にして叫んでる事実。
逆に、料理がイマイチでも、サービスが良ければ繁盛する。

がっくり腰

目覚めて起きられないほどの腰の痛み。
ぎっくり腰とは違う、突き抜けるほどの痛みはない。

じんじんと響くような腰の痛みは何の症状だろう。
「がっくり腰」と名付けよう。

グリーン車に思う

快適なグリーン車が不快な環境になることもある。


グリーン車にガキを乗せるなよ。どういう神経してんだよ」 「せっかくのグリーン車なのにさっきからガキがずっと走ってる(´;ω;`)」 「グリーン車にしたのに、ガキがずっと騒いでて辛い」 「グリーン車の隣のガキが『え~あと3時間~!?飛行機がいい!!ANAがいい!!』って父親に言ってる。貧乏育ちのオレには殺意がわく」 「自由席やら指定席でガキがいて騒ごうが泣こうが仕方ないかなで済むけどグリーン車でそれされるとイライラする」 「頼むからグリーン車に騒ぐガキを乗せないでくれ」 「ガキを維持するだけのゼニがあって、グリーン車に乗れる……石油王かな?」 「ガキがうるさすぎて戸塚で降りた。グリーン車だぞ。ガキなぞ乗るな」 「クソガキはグリーン車乗るのんじゃねーよ うるせぇ」 「ガキ連れてグリーン車乗るなよ、クソが」 「快適さを求めてグリーン車に乗ってるのにガキが歩き回ってキャンキャン騒ぐから脳内の血管ブチ切れそう」

快適なグリーン車で騒ぐ子どもを放置する親。
これらの叫びにも一理ある。

昨晩から降り続いた雨に加えて、未明から大きな雷。
今日は外出を控えたい。

静かな朝

昨日のゲリラ雨が嘘のように静かな朝。
今日は1日いいお天気になりますように。

見て見ぬふり

170905_02

こんなことを敢えてアピールしないといけない世の中。
分かってる人ばかりが見て、見てほしい人は見て見ぬふり。

日本人の周りを気遣う心はどこへやら。

より以前の記事一覧