スイーツ

ファミレスにて

171122_02

お口直しに「ガスト」へやってきた。
「ガスト」なんていつ以来かな。

20年ぶり以上?

171122_03

意外とリーズナブルなスイーツ、イチゴサンデーをいただく。
ドリンクバーがあれば何時間でもくつろげる。

24時間営業は撤退。

「ガストの宅配」実施中。

ガスト 膳所店
滋賀県大津市秋葉台6-15
077-528-2039
7:30-26:00(年中無休)
100席
http://www.skylark.co.jp/gusto/

スイスチョコ

171029_01

スイスの老舗チョコレート、「Lindt リンツ」。
日本人の口にもよく合う、甘い口溶けが素敵。

ネットショップで自宅にいながら全てが揃う。
それでも、一番お得に購入できるのは、ずばり「コストコ」。

コストコへ行ったら必ず手に取ってしまう誘惑。
チョコレートを嫌いな人なんていない。

lindt
http://www.lindt.jp/

ハロウィーン

171014_01

モロゾフのスタッフはハロウィーンの衣装にコスプレ。
あまり似合っていないような気がする…。

テンション低い。

モロゾフ
http://www.morozoff.co.jp/

Le Saint Aulaye

171013_03

久留米のお洒落なスイーツ店を発見。
久留米総合庁舎前にある白いお洒落な建物。

この建物だけで美味しそうに感じる。

Le Saint Aulaye ル・サントーレ久留米店
福岡県久留米市合川町1527-2
0942-48-3139
10:00-19:00(火曜休み)
http://www.kyushu-cake.com/fukuoka/staulaye/index01.html

抹茶ラムシフォン

170916_02

長い夜は、ケーキを焼こう。
薄力粉を軽くふるう。

170916_03

卵白2個分のメレンゲを泡立てる。
ここが一番大事。

170916_04

いい感じに角が立ってきた。
ここで、オーブンを170℃に設定して予備加熱開始。

170916_05

卵黄2個分を泡立て、控えめの砂糖半分とバニラエッセンスを加える。
こちらの泡立てはそこそこでいい。

170916_06

2,3回ふるった薄力粉を卵黄側へ入れる。
さらに、ラム酒と抹茶を加えてがっつり混ぜる。

170916_07

メレンゲを半分ほど加えて、切るように混ぜる。
メレンゲの泡をつぶさないようにするのが大事。

170916_08

さくっと混ぜ合わせて、とんとんとんとん日野の2t。
いやいや、とんとんと泡を抜く。

170916_09

牛乳パックではなくてシフォンケーキの型を使ってみる。
ちょっと量が少なめだったか…。

170916_10

小さめのオーブンにはギリギリサイズ。
170℃で40分焼く。

170916_11

ふっくらきつね色によく焼けた。
外観はいいね。

ここからひっくり返してしぼまないように冷ます。

170916_12

あらら、ひっくり返したとたんにどんっと抜けた。
型の粗し具合が少なかったか…。

しかも重い。
もしかして生焼けかな。

170916_13

内側は生焼け。失敗か…。
しかも膨らみが少ない。

牛乳パックより熱伝導率が低い分、加熱時間を長めにする必要があるらしい。
いや、熱伝導率が高いから?

失敗は成功のもと。

モンシュシュ

170701_09

『ゴンチャロフ』との裁判に負け、「堂島ロール」で名を馳せた『モンシュシュ』はいつの間にか『モンシェール』に名前を変えてた。創業者は在日韓国人。日本発ではなかったのか…。

札幌から博多、そして海外まで手広く出店したのが業績悪化の原因かな。
どこでも買えて、新鮮さがなくなった商品に未来はない。

6月16日は「堂島ロール」の日。
すでに終わってますが…。

Moncher モンシェール 堂島本店
大阪市北区堂島浜2-1-2
06-6136-8003
http://www.mon-cher.com/