ホテル

ラストモーニング

171222_01

今日で最後のモーニング。
毎日同じメニューをありがとうございました。

171222_02

少しは変化があってもいいのなかと願うけど、無料のサービス朝食だけに文句は無用。
森下愛子さんは不在で残念。

華やかさがないと食の質も落ちるような気がする。

藤沢ホテル
神奈川県藤沢市南藤沢12-9
0466-28-8000
https://www.courthotels.co.jp/fujisawa/

ホテルモーニング

171221_01

6時30分のオープン直後は混雑することを学び、7時過ぎに朝食会場のカフェへ向かう。
予想通り、先客は2名のみ。

171221_02

雰囲気づくりに力を入れていることを感じられるカフェ。
森下愛子さん似のお母さんのこだわりかな。

171221_03

まるでグルメバトルを見ているような食べっぷりの女性。
サービスの朝食ですが…。空気読めない人らしい。

171221_04

パン朝食にスクランブルエッグがいいね。

171221_05

ポテトサラダとスクランブルエッグでサンドウィッチを自作。
締めはエスプレッソ。

おいしい朝食をごちそうさまでした。

藤沢ホテル
神奈川県藤沢市南藤沢12-9
0466-28-8000
https://www.courthotels.co.jp/fujisawa/

オアシス

171220_04

住宅街のど真ん中にそびえるホテル。
ホテルが先か、マンションが先かは不明。

藤沢ホテル
神奈川県藤沢市南藤沢12-9
0466-28-8000
https://www.courthotels.co.jp/fujisawa/

サービス朝食

171220_02

6時30分オーブンの朝食会場。
まだ誰もいない。

171220_03

無料朝食の内容は、10枚切り食パン、ごまクルミパン、ソーセージ、ミックスベジタブル、スクランブルエッグ、ポテトサラダ、フルーツと内容は十分。少し薄味なのも嬉しい。

雰囲気は街のカフェのよう。
母と息子さんの2人で回してるみたい。

お母さんはよく気がつくけど、息子さんはイマイチ。
そのやりとりを見ていると面白い。

作業着姿の土方が目に余るのは朝一番だからかな。
明日からもう少し時間を遅らせて来店しよう。

藤沢ホテル
神奈川県藤沢市南藤沢12-9
0466-28-8000
https://www.courthotels.co.jp/fujisawa/

藤沢ホテル

171219_14

「藤沢ホテル」へやってきた。
藤沢駅南口から徒歩10分の距離。

藤沢駅前はただでさえホテルの数が少ない。
駅から離れたところにあっても成り立つのかなぁ。

171219_15

ビジネスホテルらしからぬ玄関の造り。
シティホテルなのかな。

171219_16

フロントでは欧州系の外国人客がチェックインしてた。
外国人宿泊客が多いのかな。うるさくないといいなぁ。

171219_17

なかなか雰囲気のいい造り。
昔ながらのホテルという感じかな。

171219_18

朝食は 6時30分から10時まで。
軽食でも無料サービスは嬉しい。

171219_19

まだまだ静かな客室フロア。
にぎやかになりませんように。

171219_20

シングルルームは 14m2の広さ。
まるでツインルームくらいの広さで快適。

最近のビジネスホテルは狭すぎて足の踏み場のないところが多い。
造りは古くても、ベッドが大きく、机が広く、テレビが大きいのは嬉しい。

171219_21

こだわりの「スランバーランド」製のベッドはクイーンサイズ。
ベッドで寝ることはめったにないけどこのこだわりは素敵。

171219_22

バスルームはかなり古め。
しまった…、ウォッシュレットがないのは盲点だった。

久留米ではあるまいし、まさか藤沢エリアでウォッシュレットのないホテルがあるとは思わなかった。
唯一のマイナスポイント。バスルームだけはリフォームしてほしい。

171219_23

フロントでいただいた「キリンオールフリー」。
こういうサービスも嬉しい。ノンアルではなくてオンアルだともっと素敵。

171219_24

アテはポテトチップスの「コンソメパンチ」と「のりしお」。
ポテトチップスを食べるのなんてずいぶん久しぶり。

171219_25

夕方の川沿いの景色もいいね。
目の前はマンションのベランダだけど、空が見えるは嬉しい。

藤沢ホテル
神奈川県藤沢市南藤沢12-9
0466-28-8000
https://www.courthotels.co.jp/fujisawa/

飲み比べ

171214_09

アサヒ、サントリー、キリン、3種類のビール、いや発泡酒を飲み比べ。
飲み比べると味の違いに初めて気づく。

「WHITE BELG」は、2回目だと初回の感動は薄れてイマイチに感じる。
我ながら現金だなぁ。

ホテル

171214_08

団体のチェックインで混雑してるフロント。
やるせない気持ちで最後尾に並んでたらスタッフが寄ってきた。

相変わらず対応が素晴らしいホテルに拍手喝采。

グランドホテル神奈中 平塚
神奈川県平塚市八重咲町6-18
0463-23-2555
https://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hiratsuka/

DELICA MAISON 「甘口 赤」

171213_04

ビックカメラで購入した、税込み \300-の格安ワイン。
今流行のペットボトルワイン。

前回購入した「旨み赤」は飲み甲斐があったけど、この「甘口 赤」はずいぶん甘い。
まるでジュースのよう。アルコール度数は 9.5%。これはワインなのかなぁ。

黒いラベルの新製品「濃いめ」に期待しよう。

サントリー DELICA MAISON
https://www.suntory.co.jp/wine/original/delideli/

部屋にて

171212_28

「ビックカメラ」で仕入れてきたビールとワイン、そしておつまみで部屋飲みを楽しむ。
リラックスできる部屋飲みが好き。缶ビール1本で酔えるのもいいね。

「グランドホテル神奈中 平塚」

171212_23

藤沢エリアでは定宿にしてる「グランドホテル神奈中 平塚」へやってきた。
平塚駅から徒歩3分、ホームの真正面南側にある。

171212_24

もたつく中高年男性2人組。
あぁ、タイミング悪いなぁ。

171212_25

別館1階のロビーで受付後に本館へ渡る。
古い本館と新しい別館、どちらがいいのかな。

171212_26

十二分な広さで快適に過ごせる部屋。
通路も十分で机がまともに使えるのは嬉しい。

当たり前だけど、当たり前が通じないホテルが最近多い。

171212_27

綺麗なバスルームは決め手のひとつ。
久留米の汚いバスルームのホテルは二度と泊まりたくないと思えるほど。

あぁ、天国。

グランドホテル神奈中 平塚
神奈川県平塚市八重咲町6-18
0463-23-2555
https://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hiratsuka/

より以前の記事一覧