ホテル

連泊

171012_03

連泊を決め込む。
相変わらず無人のフロント。

171012_04

朝食会場にもなるカフェがフロント前に広がる。
7時から23時まで営業してるらしい。

営業してるように見えませんが…。

花畑周辺に美味しい焼き鳥屋さんはあるのかな。

ビジネスイン・シーガル

171011_18

今回の宿泊先は、『ビジネスイン・シーガル』。
不思議と久留米市内のホテルは今週と来週はほとんど満室。

久留米市内はなにもイベントがない。
とすると、福岡市内か?

もしかして、福岡ドームでコンサート?
それとも、クライマックスシーズン?

171011_19

ビジネスホテルなのに、2階のフロントロビー前はシティホテルのような雰囲気。
フロントには誰もいない。

171011_20

静かな通路。
と思ってたら、通路の声は室内へ丸聞こえでうるさすぎる。

171011_21

想像してたより広い部屋。
これだけあったら充分。

171011_22

久留米の繁華街、西鉄久留米エリアから離れてるから?
広い部屋には満足。

Wi-Fiもさくさく繋がる。
これだけでも評価は高い。

171011_23

バスルームは驚くほど広い。
これほど広いビジネスホテルなんてないような気がする。

でも、やっぱりウォッシュレットは付いてない。
日本では考えられないね。

171011_24

しかも、至る所に長い髪の毛がある。
掃除がここまで杜撰なホテルは初めて。

格安だけに文句言っては罰が当たりそう。
さて、夜は長い。

ビジネスイン・シーガル
福岡県久留米市花畑1-1-4
0942-38-4111
40室
P 15台無料
http://seagulls.co.jp/

寂しい朝食

170928_01

朝食開始の 6時30分から 20分遅れの 6時50分に食堂へ向かう。
あれっ、昨日とはうって変わって無人の食堂。

静かで居心地がいいね。
お膳の準備が残りひとつ。

今朝は宿泊者が少ないのかなぁ。
学生は全員チェックアウト?

170928_02

毎日変わらない朝食メニュー。

サラダがレンコンからゴボウに変わり、鯖が鮭に変わったのみ。
漬物があることだけが救い。

170928_03

寄ると少しは美味しそうに見える?

丼ごはんに慣れてきて、今日は4杯いただく。
胃が大きくなってきたのかな。

豚生姜焼き

170927_08

「ホテルセレクトイン」へ戻ってきた。
夕食時間ギリギリ。

170927_09

本日のメインは、豚肉の生姜焼き。
20時を回るとメインが替わることもあるらしい。

ラストオーダー 20時45分、21時閉店。
15分しかない?

170927_10

さすがに閉店間際だとガラガラの食堂。
やっぱり空いてると快適。それだけで嬉しい。

170927_11

メインの豚肉生姜焼きに、サイドメニューはマカロニサラダ。
ラップがかけてあるのは作り置きだから。

せめてメインくらいできたてを提供してほしい。
ごはんは大盛り。

170927_12

中途半端に暖かいメインの豚生姜焼き。
やっぱり味は濃いめ。

そして、ごはんはいつもの通り丼 3杯。
朝食のように漬け物があったら嬉しいのになぁ。

朝食も賑やか

170927_02

朝食は 6時30分から。
2番乗りだったけど、ここから修羅場になった…。

例の学生が20人ほど一気に入ってきた。
そして、わいわいギャーギャー騒ぎ回す。

なんだここわ?
大学の食堂と勘違いしてない?

まともな集団でないことは明らか。
わずか10分で出て行ってくれたことが唯一の救い。

明日は時間をずらして来よう。

170927_03

朝食はシンプルそのものの作り置き。
3品の左からレンコンサラダ、簡易オムレツ、鯖の塩焼き。そしてミニ納豆。

レンコンサラダのみ日替わりかな。
オムレツは定番の購入品。鯖もそうかな。

170927_04

ごはんと漬け物がお代わり自由なのが救い。
朝もごはんは丼に 3杯がっつり。

そして食後のコーヒー。
レベルは低くても、2食付きのホテルは嬉しい。

初日の夕食は唐揚げ

170926_18

地下1階にある食堂へやってきた。
本日の夕食は「唐揚げ」らしい。

夕食はいちおう日替わり。
18時30分から。

170926_19

18時30分ジャストに入る。
一番乗りかと思いきや2番乗り。

いったい何時から食べてるの?

170926_20

メインの唐揚げはボリューミー。
そして、サイドの1品はひじきの煮物。

味付けは町の食堂レベルであるだけマシというもの。
ただ、食堂スタッフはかなり愛想が悪いので覚悟しておく必要がある。

その他,単品メニューが \100-と \200-の2種類ある。
瓶ビール中瓶は、キリンとアサヒがあってそれぞれ \350-/本。

金・土・日曜は \300-/本になる。

ごはんと味噌汁はおかわり自由。
丼大盛りのごはんを3杯。

たくさん食べるとおばさんに睨まれる覚悟もいる。
ごはんもお椀。ここは老人ホームか…。

170926_21

サイドメニューは味がほとんどないけど、メインは味が濃いめ。
そのバランスがちょうどいいのかな。

食後はコーヒーで締め。

この後、わいわいがやがやとたくさんの学生かフレッシュマンが入ってきた…。
スーツは着てるものの社会人には決してみえない。会話も幼稚。

ああ、うるさい。
たくさんの人が困惑して出て行った。

まずは空気を読むことから学ばないといけないらしい。

眺め

170926_17

高層階から眺める久留米の街。
お向かいには、まだ未体験のホテル「ホテルセレクトイン久留米」が見える。

ホテルセントラルイン再来

170926_12

久留米の定宿と化している「ホテルセントラルイン」へやってきた。
魅力は、夕・朝食の2食が付いて税込み \3,980-の安さ。

さらに、部屋を選ばなければ \3,780-にもなる。
ただし、バス・トイレは共同。

170926_13

外観は綺麗に見える。
そして、玄関はそこそこ古さを感じるものの酷そうではない。

フロントの対応は、久留米のホテルの中ではマシなほうに入る。
Wi-Fiも無料で利用可。ただし、繋がりは悪い。

170926_14

築何年のホテルなんだろう?
エレベーターはかなり古いし、廊下の絨毯も剥がれが目立つ。

あれっ、絨毯は新調されたみたい。
少しだけ綺麗になってる。

ただ、古いホテル独特の臭いはそのまま。

170926_15

最近のアパホテルや東横インと比較して部屋が広めなのは嬉しい。
ただ、壁や床は剥がれがあってもそのまま。

これだけ内装がボロボロのホテルは久留米を初めて訪れた時は衝撃だった。
今では、久留米のホテルは全てこのレベルとして何とも思わなくなった。

慣れというのは怖い。

170926_16

室内にも増してバスルームは驚くほどボロボロ。
洗面所や便器が割れていてもお構いなし。

アメニティは歯ブラシのみ。カミソリはなし。
追加の歯ブラシは \150-で有料。カミソリは \200-。

そして、水漏れしていても不思議ではないトイレ。
もちろん、ウォッシュレットなんて久留米には存在しない。

せめてウォッシュレットくらい欲しい。
ここは日本なのだから。

ホテルセントラルイン
福岡県久留米市六ツ門町15-3
0942-39-7211
99室
http://www.acty21.com/central/

京都リッチホテル

170915_06

河原町五条上ル西側に昔からある寂れた「京都リッチホテル」。
あれっ、ずいぶん綺麗になってるなぁ。

170915_07

リッチホテルは、函館から広島まで全国に6ホテルを抱えるグループホテルらしい。
初めて知った。

170915_08

オリンピック需要に向けて玄関とフロントロビーを新装したらしい。
見上げると上層階はそのままの様子。内装もそのままなのかな。

外国人の宿泊先は、ほとんどがゲストハウスや民泊になってる。
昔ながらのホテルはこの先やっていけるのかなぁ。

インバウンド需要は翳りをみせる。

京都リッチホテル 五条河原町
京都市下京区河原町通り五条上ル
075-341-1131
http://www.rich-hotels.co.jp/kyoto/

170915_02

至る所で建設ラッシュになってるホテルやゲストハウス。
驚くほど狭い土地に所狭しと建っているものもある。

オリンピック需要が過ぎたら一斉に潰れてしまう気がする。
目先の利益だけで突っ走って大丈夫?

HOTEL KUU KYOTO
京都市下京区不明門通正面下ル卓屋町58
075-341-3030
https://www.facebook.com/pages/HOTEL-KUU-KYOTO/172166973343431

より以前の記事一覧